リニューアル

快適環境を、現在使用されている建物に

建物の寿命が「60年程度」とされているのに対し、設備の耐用年数は「15~20年」と短く、建物の建替えまでに2~3回の設備改修が必要です。設備を改修する時こそ、問題解決の時です。

リニューアル業務に関する営業品目はこちら

建設・設備コストを削減

建物の寿命までにかかるランニングコストの割合は、イニシャルコストの5~6倍程度と、大きなものです。 設備システムの検討には、ランニングコストを最小におさえる事が重要です。

利便性

  1. 取り扱いが容易で使い勝手の良いシステムの提案
    (設備機械の操作が苦手な方でも、パソコンにより簡単に操作)
  2. 最新機の導入及び、追加機器による改善の提案
    (機器の更新時に建物と時代に合った機器選定)

省エネルギー

エネルギーの効率化運転を提案(資源の無駄を少なくします)

  • 中水設備(水の再利用)
  • 冷凍機設備(熱源の変更による省エネ)
  • 照明設備(自動点灯など)
  • コージェネ設備(電気から他のエネルギーへ)

省力化

機器管理の省力化の提案(設備操作のワンマン化・資格者不在の設備)

  • 監視設備・自動計装設備
    (既存の操作機器に取付可能で自動化・遠方操作化、点検・記録を簡素化)
  • 宴会場機器設備(演出照明・音響・映像)
  • 厨房設備(スチームコンベクション)

保全性

作業効率向上の提案 (保守点検の容易さとスペースの有効利用を両立するシステム作り)

安全・信頼性

  1. 環境水準の向上による建築物の 陳腐化改善の提案
    (環境の変化・多様化に追従)
    • 窓サッシ、鋼製ドアの交換、二重サッシの取付、間仕切り、壁の撤去・間取りの変更
    • 高齢者住宅設備
  2. 快適な生活空間の提案
    (居住環境の改善・向上
このページのトップへ
営業品目